工務店で始める家づくり!安心して暮らせる住まいを建てるために必要な情報を教えます!

こちらのサイトは、注文住宅の依頼先を工務店にしたとき安心して暮らすことができる住まいづくりに役立つ情報を分かりやすく提供して行きます。
地元に特化した営業スタイルを持つ会社などは、古くから営業を行っている会社もあり時運たちの親が住んでいた家を建築した会社もあるかもしれません。
これは棟梁型の会社であり、他にもフランチャイズ型の会社などもあるので比較されると良いでしょう。
なお、会社により技術差があるのも特徴なので、事例などを利用して比較されると良いでしょう。

工務店で始める家づくり!安心して暮らせる住まいを建てるために必要な情報を教えます!

工務店は、大工さんが集まり会社組織となったもので地元との関わりが非常に強いところも少なくありません。
中には、2代目や3代目といった歴史を持つ工務店もあるのですが、このような会社は地域の中での施工実績も多くあるので、近隣などで建築中の家がある場合には見学させて貰えることもありますし、施主などの許可が下りると家の中の見学ができるケースもあるので工務店で家づくりをされるときなど見学の相談をされることをおすすめします。

工務店の特徴とハウスメーカーとの違い

工務店とハウスメーカーの違いは、会社の規模と対応エリアです。
工務店は基本的に特定のエリアを対象にしており、企業としての規模も大きくありません。
家族経営の小規模店、もしくは特定の都道府県や地方を地盤に地域密着で営業しています。
地域密着型であるがゆえ、工務店のメリットは施主に寄り添った家づくりです。
プランを施主の希望に応じて変更したり、予算に合わせた家づくりができます。
また自然素材を使った住宅など特徴的な強みがあり、理想の住まいを建てることも可能です。
強みと理想が一致すれば、満足できる家づくりができるでしょう。
ハウスメーカーは、独自のブランドを持ち全国展開しています。
規格や仕様を統一することで、均一の品質を持つ住まいを全国各地で建てることができます。
知名度の高さから安心感はありますが、規格や仕様から外れると建築費が高額になるなどの問題もあるため、家づくりで細部までこだわりたい人には工務店がおすすめです。

建築費を節約できる一貫施工の工務店

家を建てたり修繕したりするときにできるだけ安く済ませたいのであれば、一貫施工の工務店がおすすめです。
こうした会社は自社にお抱え大工が存在し、下請けを挟みません。
つまりマージンが発生しないので、その分工費がリーズナブルです。
自社で営業から現場仕事まですべてを行っており、人件費や広告費も削減しているところが多いです。
それらもまた、工費が安くなる理由です。
責任を持ってすべての仕事をしてくれることでしょう。
例えば足場を組むにしても、自社にて組み立て作業が可能な工務店のほうが断然費用は節約できます。
下請けに工事を依頼する工務店の場合、建材選びも施工もすべて下請け会社を通すことになります。
ダイレクトに希望が伝わりませんし、依頼した工務店が作業することは少ないです。
万が一思っていた仕上がりと違って再度工事をし直すとなった場合に、いくらか追加料金がかかってしまうケースもあるようです。
予算内で安心して任せたいときは、一貫施工の会社にすれば納得のいく額でしてもらえるでしょう。

下請けに施工を任せる工務店の注意点

下請けに施工を任せる工務店を選んだり相談する場合は、いくつかの注意点に気を付ける必要があるのではないでしょうか。
自社で一貫した対応や工事をしている工務店は、いわゆるワンストップなので品質に期待できたり、納期通りの作業に期待を持つことができます。
一方、下請けに施工工事を任せる工務店は、品質や納期に関して拭えない懸念が生じるケースが少なくないです。
住宅メーカーほどではないにしても、中抜きが全く発生しないわけではありませんし、孫請けやひ孫請けともなれば取り分が少なくなります。
そうなると、限られる範囲で作業をせざるを得なくなるので、品質の低下に繋がる手抜きが発生する恐れが強まるわけです。
意思疎通や情報共有が上手くいかなくなる可能性もありますから、納期が予定より延びることも十分に想定できます。
工務店は設計や施工が分かれていることが多いですが、なるべく自社で引き受けて作業をする会社を選ぶことが、懸念やトラブルを拭うポイントとなるのではないでしょうか。

工務店はプランの自由度と柔軟性が高い

大手ハウスメーカーは、自社で直接施工する事が少なく下請けに丸投げすることがほとんどであり、伝達や施工のミスを減らす為に選択項目を必要最低限に絞り込んだ企画型の住宅が主流です。
大手ハウスメーカーは、契約までの時間だけでなく建築開始及び竣工までの時間を可能な限り短縮したいので、企画段階で制作されたプランや仕様など限られた選択肢から選ぶ対応で打ち合わせ時間と回数を減らしています。
しかし、工務店は、一部の大手ハウスメーカーの様に工場で建築部材を加工する事なく現場で建築部材を組み上げるのでどんな間取りにも対応可能であり、そもそも明確な仕様書を定めていない会社も多く間取りの自由度や施主の希望に対する柔軟性が高いとされています。
また、工務店は、施工エリアが限定的で地域密着型の会社がほとんどであり、工務店が直接施工しているので伝達ミスや施工ミスなどの施工上のトラブルリスクが低いだけでなく竣工後のアフターサービスが充実していて安心です。

工務店に関する情報サイト
注文住宅の依頼先

こちらのサイトは、注文住宅の依頼先を工務店にしたとき安心して暮らすことができる住まいづくりに役立つ情報を分かりやすく提供して行きます。地元に特化した営業スタイルを持つ会社などは、古くから営業を行っている会社もあり時運たちの親が住んでいた家を建築した会社もあるかもしれません。これは棟梁型の会社であり、他にもフランチャイズ型の会社などもあるので比較されると良いでしょう。なお、会社により技術差があるのも特徴なので、事例などを利用して比較されると良いでしょう。

Search